[出典 http://mora.jp/]

 

このブログは趣味でやっているので、基本的には好き勝手に書く雑記ブログなんですが、全体的に見るとあまりにランチ情報のネタが多いんですよね。

|д゚)どんだけランチ好きやねん、、、

 

なので今回はお店情報を書けるのでとりあえず少し安心しています。笑

 

先日、お店のBGMを新しく入荷しました。

 

ソニー・クラークという人のジャズなんですけど、今回もいい感じの音楽で気に入ってます。

 

作品紹介

日本人が愛したタイトル曲を初め、ジャズ・ファンを虜にした哀愁のメロディーが詰まった永遠のベストセラー。

ソニー・クラークのブルージーなタッチ、あまりにも有名な”足ジャケット”など、全てが最高水準を行くモダン・ジャズの決定盤。

[出典 http://mora.jp/]

 

ソニー・クラークという人物についても調べてみました。

 

ソニー クラーク

1931.7.21 – 1963.1.13

米国のジャズピアニスト。

ペンシルベニア州ハーミニー生まれ。

ハイスクール時代にティーン・バンドに参加。

1951年母の死に伴い、兄と西海岸に移住、LAでワーデル・グレイら多くのジャズマンと共演。

’53年オスカー・ペティフォードのトリオに参加後、彼とサンフランシスコに移り、デフランコ4で活躍。

’56年再びLAに戻るが、白人中心の西海岸ジャズとはあわず、翌年ニューヨークに移る。

ソニー・ロリンズの吹き込みに参加後、Blue Noteと契約し、同レーベルのハウスピアニストとして活動。

31歳で死去。彼の死後、ケニー・ドームスらによるメモリアル・コンサートが行われた。

[出典 https://kotobank.jp/word/ソニー+クラーク-1621078]

 

31歳で死去とはまた早いですね。

 

この音源の2曲目の曲、今の朝ドラの「べっぴんさん」の中でで使われている曲でした。
程よいリズムで仕事のテンション上がります。笑

 

詳しくはお店にきて聴いてみてください。